メモを取る意味とは|メモを取る効果・メリット・取り方・習慣化・重要性について

こんにちは、ラボです。

あなたはメモを取る習慣がありますか?

 

ラボはいままで、あまりメモを取る習慣がありませんでした。

でも、最近メモを取った方が良いのかも…

と思うようになりました。

そこで、メモを取る意味・メリット・メリット・取り方・習慣化・重要性について考えてみました。

 

≪先にまとめ≫

メモを取る意味 メモを取るメリット メモを取る効果
 ・情報を記録する
 ・一瞬のひらめきを逃さない
・情報をまとめることができる
・思考の続きから始められる
・新しいアイデアが生まれやすくなる

 

この先は、「メモを取る意味・メモを取るメリット・メモを取る効果のまとめ」にたどりつくまでの考察過程をご紹介しています。

お時間がある方はご覧ください。

 

メモを取る意味とは

「メモを取ることはとても大事」といわれますが、「メモを取る意味」はどこにあるのでしょうか?

そこで、WEBで『メモを取る意味』を調べてみました。

メモを取る意味を調べてみると、色々な「メモを取る意味」が見つかりました。

いろいろと見つかった「メモを取る意味」の中から、ラボが特に重要だと思う「メモを取る意味」をご紹介していきたいと思います。

 

≪メモを取る意味≫

  • 大事なことを後から思い出せるようにするため

 

「メモを取る意味」をそのまま考えると「情報を記録すること」といえます。

では、どんな情報を記録するのかというと、「自分が大事だと思う情報」「忘れてはいけない情報」を記録することといえます。

 

≪メモに書く情報≫

  • 自分が大事だと思う情報
  • 忘れてはいけない情報

 

例えば、人と話しをした後で話しの内容を振り返っても、すべての話しの内容を思い出すことはできません。

 

また、

一瞬ひらめいたアイデアがあったとしても、後になったら「良いアイデアが浮かんだけど忘れてしまった…」

ということもあると思います。

 

このようなときにちゃんと

『大事なこと・忘れてはいけないこと』をメモにとっておくと、

あとからちゃんとそのときの記憶を振り返ることができます。

 

このように、

『大事なこと・忘れてはいけないこと』をちゃんとあとから振り返ることができるのが『メモを取る意味』

ではないかと思いました。

 

メモを取るメリット・効果とは

メモを取る意味は、『大事なことを後から思い出せるようにするため』といえることが分かりました。

では次に、『メモを取るとどんなメリットがあるのか』について考えてみました。

 

メモを取るメリットを考えてみると、

メモを取るメリットには『情報を忘れても後から思い出だせる』というメリット

があると思いました。

 

また、「情報を忘れても後から思い出だせる」というメリット以外にも、メモを取るメリットには次のようなメリットもあると思いました。

 

≪メモを取るメリット≫

  • 情報をまとめることができる
  • 思考の続きから始められる

 

メモは過去の情報なので、メモを取ることによって過去の情報をまとめることができます。

また、メモを見返すことによって、そのとき時間がなくても後からメモの内容を続きから考えることができます。

 

このように、メモを取るメリットには、「情報をまとめることができる」「思考の続きから始められる」ということもあげられると思いました。

では、メモを取るメリットを生かすと、どのような効果かがあらわれてくるのでしょうか?

 

≪メモを取る効果≫

  • 新しいアイデアが生まれやすくなる

 

メモを取ることにより、『新しいアイデアが生まれやすくなる効果』があるのではないかと思います。

 

やはり、アイデアはそう簡単に生み出せるものではなく、色々な情報やひらめきの中から浮かび上がってくるものだと思います。

 

例えば、何かの拍子に『運とは何か』について思い浮かぶことがあるかも知れません。

また、『人生とは何か』と気がつくことがあるかも知れません。

 

このように、思いがけなくときに思いがけないことが思い浮かぶことがあります。

このときに、パッと浮かんだひらめきはちゃんとメモしとかないと、忘れてしまうことがほとんどだと思います。

 

そういったことを考えると、『色々な情報やひらめきを忘れないようにメモして後で見返すこと』は『新しいアイデアを生む』ためには必要なことなのだと思いました。

 

メモの効果的な取り方とは

メモの効果的な取り方はどのようにすれば良いのでしょうか?

メモの効果的な取り方を調べてみると、次ような『メモの取り方』が良いとのことでした。

 

≪メモな効果的な取り方≫

  • 日時をいれる
  • 具体的に書く
  • 要点だけを書く
  • 余白を開けておく

 

メモを取ることを習慣化するにはどうすればいいの?

メモを取ることは大事ですが、『メモを取ることを習慣化すること』も大事といえます。

では、どうすればメモを取ることを習慣化できるのでしょうか?

 

≪メモを習慣化させる方法≫

  • メモを書くと意識する
  • メモを持ち歩く
  • スマホでもOK

 

メモを書くことを習慣化させるためには、『常にメモを書くことを意識すること』が大事です。

また、メモをすぐに書けるように、いつもメモを持ち運ぶことも大事といえます。

メモをもっていないときはスマホでもOKです。

とにかく、メモを習慣化させるには、何かパッと頭に思い浮かんだことを記録するという意識を持つことが大事といえます。

 

まとめ|メモを取ることの重要性

この記事では、『メモを取る意味』『メモを取るメリット』『メモを取る効果』を考えてきました。

 

≪メモを取る意味≫

  • 情報を記録する
  • 一瞬のひらめきを逃さない

 

≪メモを取るメリット≫

  • 情報をまとめることができる
  • 思考の続きから始められる

 

≪メモを取る効果≫

  • 新しいアイデアが生まれやすくなる

 

メモを取ることの重要性とは、『大事なことを忘れてはいけない』という点にあるのだと思います。

そして、メモを取ることのもう一つの重要性は、『新しいアイデアを生むためにはメモを取ることがとても大事という点にもあるのだと思いました。

 

メモを取るかとらないかは人それぞれだと思います。

ただ、「メモを取る意味や効果」などを考えた結果、メモを取る習慣を身につけたほうがいろいろと良いことがあるのではないかと思いました

 

メモをちゃんと取れるようになりたい…

このように思ったときは、「自分はメモを取らなくても大丈夫」というこだわりを捨てて、メモをしっかりと取れるようになりましょう。

 

↓こだわりを捨てられない方はこちら

こだわりを捨てる4つの方法とは