自然の流れに身をまかせる方法・やり方|天真に任せる・欲を横に置くことが大事

こんにちは、ラボです。

 

「自然の流れに身をまかせた方が良い」といわれることがありますよね。

 

では実際に、どうすれば自然の流れに身をまかせることができるのでしょうか?

 

この記事は、自然の流れに身をまかせる方法・やり方を調べた内容になっています

自然の流れに身をまかせる方法・やり方

「自然の流れに身をまかせるのが良い」といわれても、どのように自然の流れに身をまかせて良いのか良く分かりません。

 

自然の流れに身をまかせるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

そこで、自然の流れに身をまかせる方法・やり方を調べてみました。

 

すると、いろいろな自然の流れに身をまかせる方法・やり方があることが分かりましたが、その中で気になった言葉がありました。

 

その言葉とは「天真に任す」という言葉です。

 

天真に任すとは|良寛さんの言葉

「天真に任す」という言葉は良寛さんが言われた言葉なのだそうです。

(良寛さんとは、江戸時代後期に越後で生活されておられた曹洞宗の僧侶のお方です。)

 

では、「天真に任す」とはどのような意味があるのでしょうか?

 

天真に任す

  • 欲を離れて自然のまま身をまかせる

 

「天真に任す」とは、「欲を離れて自然のまま身をまかせる」という意味があるそうです。

 

「天真に任せる」という言葉の意味をさらに詳しく調べてみましたが、「欲を離れて自然のまま身をまかせる」という意味以上のことはよく分かりませんでした。

 

ただラボ的には、「天真に任せる」とは「名誉や金銭・良い悪いといった欲にとらわれないで生きていきなさい」という意味なのかなと思いました

 

自然に身をまかせる方法・やり方と天真に任せるの関係

実は、自然に身をまかせる方法・やり方を調べていると、「自然に身をまかせる方法・やり方は○○である」という情報がいくつもありました。

 

しかし、それらの「自然に身をまかせる方法・やり方」を読んてみても、そのやり方で「自然に身をまかせらるようになる」とは思えなかったのですね。

 

そんなときに見つけたのが、「天真に任せる」という言葉だったのです。

 

自然に身をまかせる方法・やり方って簡単そうに見えて実はとっても難しいのかなとも思ったりします。

 

例えば、「人の意見に身を身をまかせる」という言葉があったとき、自分の意見はあったとしても自分の意見は置いておく必要があると思います

 

また、「人の流れに身をまかせる」とき、自分が進みたい方向があったとしても、自分の進みたい方向へ進んでいけないこともあるでしょう。

 

ということは、「○○に身をまかせる」とは、「時には自分の意見を抑えて○○が流れている方向へすすんでいくこと」なのかなと思いました

 

自分の意見とは「○○に行きたい」「○○をやりたい」「○○はやりたくない」という言葉に置き換えられます。

 

そして、「○○に行きたい」「○○をやりたい」「○○はやりたくない」とは一種の欲と置き換えらえるのではないでしょうか?

 

とすると、「自分の意見=一種の欲(願望)」と考えると、

「○○に身をまかせるとは、時には自分の欲を抑えて○○が流れている方向へすすんいくこと」になるのかなと思いました。

 

ということは、「自然に身をまかせる」ためには「時には自分の欲(願望)を横に置いておくことが必要」であると思います。

 

そういったことを考えると、「自然に身をまかせる方法・やり方」は、「時には自分の欲(願望)を横に置くこと」なのかなと思いました

 

「天真に任せる」とは「欲を離れて自然のまま身をまかせること」とお話ししましたが、

「天真に任せる」が「自然に身をまかせる」に通じるところがあると感じた理由はこのような点にあるのだと思いました。

 

まとめ

自然の流れに身をまかせる方法・やり方について考えてきました。

 

「自然に身をまかせる方法・やり方」は、「時には自分の欲(願望)を横に置くこと」なのかなという結論に達しました。

 

人間が生きている限り何かしらの欲があると思いますので、欲は捨てられないと思います。

 

ただ、自然に身をまかせたいときには、たとえ捨てられない欲(願望)だとしてもせめて横に置くように努力することが必要なのかなと思いました

 

流れに身をまかせるとどうなるの?