サーカディアンリズムとは|役割・周期を整える方法・睡眠・体内時計・概日リズム

こんにちは、ラボです。

 

サーカディアンリズムって聞いたことがありますか?

 

サーカディアンリズムは一般的に体内時計といわれているようですが、もう少し詳しい意味があるようです。

 

そこで、サーカディアンリズムの意味や周期を整える方法などを調べてみました

サーカディアンリズムとは|意味・役割・周期を整える方法

サーカディアンリズムの意味をちょっと詳しく調べてみると、サーカディアンリズムには次のような意味があることが分かりました。

 

サーカディアンリズムとは

人は通常、朝に目覚め、夜に眠るなど、地球の昼夜変化に合わせた生活を営んでいる。この地球の自転周期に合った約24時間周期のリズム“サーカディアンリズム”は睡眠・覚醒のほか、血圧や神経活動、ホルモン分泌などにもみられ、生命活動を営むうえで重要な役割を担っている。
引用:http://shinkoh-igaku.jp/mokuroku/data/777.html

 

サーカディアンリズムとは、「地球の自転に合わせた24時間周期のリズム」のことだったのですね。

 

ちなみに、サーカディアンリズムは日本では「概日(がいじつ)リズム」と呼ばれているそうです。

 

サーカディアンリズムの役割とは

概日リズムとも呼ばれるサーカディアンリズムにはどのような役割があるのでしょうか?

 

サーカディアンリズムの役割

  • 生体リズムの調整

 

サーカディアンリズムの役割を調べてみると、サーカディアンリズムには生体リズムの調整の働きがあることが分かりました。

 

そこで、サーカディアンリズムはどんな生体リズムを調整する働きがあるのかを調べてみました。

 

すると、「サーカディアンリズムには睡眠などの生体リズムを調整する働きがある」ことが分かりました。

 

サーカディアンリズムを図にすると以下のようになるようです。

 


引用:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/rouka/rhythm.html

 

サーカディアンリズムが乱れるとどうなるの?

サーカディアンリズムは睡眠などの生体リズムに作用する働きがあることが分かりました。

 

では、サーカディアンリズムが乱れるとどのようなことが起こるのでしょうか?

 

サーカディアンリズムが乱れると「病気をしやすくなったり睡眠リズムが乱れるなど生活一般の障害が発生する要因になる」とのことでした。

 

サーカディアンリズムの周期を整える方法

サーカディアンリズムの周期が乱れると、さまざまな健康への影響があることが分かりした。

 

ですので、なるべくサーカディアンリズムの周期が乱れないようにしたいものですね。

 

では、サーカディアンリズムの周期はどのようにすれば整うのでしょうか?

 

そこで、サーカディアンリズムの周期を整える方法を調べてみました。

 

サーカディアンリズムの周期を整える方法

  • 朝日を浴びる
  • 規則正しい生活をする

 

サーカディアンリズムの周期を整えるには「朝日を浴びる」のが一番良いということです。

 

朝日を浴びると、ずれていたサーカディアンリズム(概日リズム)がリセットされるということでした。

 

また、サーカディアンリズムを整えるには規則正しい生活をするのも大事とありました。

 

食事の時間・寝る時間を同じに同じ時間にすることで、サーカディアンリズム(概日リズム)が乱れにくくなるそうです。

 

リズムとは周期のことですので、周期的な規則正しい生活は、サーカディアンリズムが乱れないようにするためにとても大事なことだったのですね。

 

まとめ

体内時計といわれるサーカディアンリズム(概日リズム)について調べてきました。

 

「サーカディアンリズムとは地球の24時間のリズムに合わせた人間の生体リズムのこと」ということが分かりました。

 

また、サーカディアンリズムが乱れると睡眠障害やさまざまな病気の原因になることも分かりました。

 

サーカディアンリズムのことを調べてみて、「サーカディアンリズムは毎日の健康にとても大事なリズム」ということが分かって良かったです。