目標を持つことの大切さとは|メリット・デメリット・目標を持つ方法

目標を持つことは大切といわれていますが、具体的に、「目標を持つこと」はなぜ大切といわれるのでしょうか?

また、目標を持つ方法やメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

これから、目標を持つことの大切さや目標を持つ方法・メリット・デメリットなどを考えて行きたいと思います

 

≪先にまとめ≫

目標を持つメリット 目標を持つデメリット 目標を持つ方法
・進むべき方向が分かる
・時間を有意義に使うことができる
・達成感を感じることができる
・気持ちが前向きになる
・行動の質が変わる
・プレッシャーを感じることがある
・目標に振り回されることがある
・作業の質が低下することがある
・自分で目標を決める
・人に目標を決めてもらう

 

 

目標を持つことの大切さ|メリット・デメリット・方法

「目標を持つことの大切さ」とは、どのような意味がある言葉なのでしょうか?

そこで、自分に次のように問いかけてみました。

 

「目標を持つことはなぜ大切なの?」

目標を持つことがなぜ大切かというと、目標を持たないと自分が何をしたら良いのか分からなくなるからだよ。

 

自分が何をしたら良いのか分からないと、時間を無駄にしたり迷ったりしますね。

なので、「目標を持つことは、迷ったり時間を無駄にしないためにとても大切なこと」であるのではないかと思います。

 

目標を持つメリットとは

では次に、「目標を持つメリット」にはどのようなものがあるのでしょうか?

目標を持つメリットを、いろいろと調べてみました。

 

≪目標を持つメリット≫

  • 進むべき方向が分かる
  • 周りに感謝できるようになる
  • 充実した時間を送ることができる
  • 時間を有意義に使うことができる
  • 達成感(満足感)を感じることができる
  • 気持ちが前向きになる
  • 迷いや不安が減る
  • パフォーマンスが上がる
  • エネルギーを集中することができる
  • 行動の質が変わる

 

目標を持つメリットには、たくさんのメリットがあることが分かりました。

目標を持つことは、時間やエネルギーを有意義に使うために、とても大事なことが分かります。

 

目標を持つデメリットとは

「目標を持つことの大切さ」や「目標を持つメリット」を調べていると、「目標を持つデメリット」もあることが分かりました。

 

≪目標を持つデメリット≫

  • プレッシャーを感じることがある
  • 目標に振り回されることがある
  • 作業の質が低下することがある

 

目標を持つことは良いことだと思います。

しかし、目標の立て方を失敗すると、目標を持つデメリットを感じてしまうそうです。

目標が難し過ぎたら「目標を達成できない…」というプレッシャーを感じることもありますね。

また、目標を無理に達成しようとすると、作業の質が落ちたり失敗も増えてしまいそうです。

こうなると、目標に振り回されている状態といって良いかも知れません。

このように、目標を持つデメリットもあるので、『目標を立てるときは上手に目標を立てることが大事』であることが分かりました。

 

目標を持つ方法とは

目標を持つ方法を考えてみると、目標を持つ方法には2つの方法しかないように思います。

 

≪目標を持つ方法≫

  • 自分で目標を決める
  • 人に目標を決めてもらう

 

何か自分が目指すことがあるのなら、自分で目標を決めれれば良いと思います。

反対に、大きな目標はあるけど、その目標に到達するための効率的な目標が分からない…。

こんなときには、その目標に詳しい人に効率的な目標を決めてもらえば良いのではないかと思います

例えば、「ピアノが上手になりたいけどどんな練習をして良いのか分からない」ときに、ピアノの先生に練習方法を決めてもらうようなことですね。

 

まとめ

「目標を持つことの大切さ」やメリット・デメリット・方法を考えてきました。

目標を持つことは、迷ったり時間を無駄にしないためにとても大切なこと」であると思いました。

人生でも仕事でも目標がないと、自分が何をしたら良いのか分からず迷って時間を無駄にしてしまいます。

人生や仕事で迷うことはもちろんありますが、それでも、目標を持っていれば軌道修正がしやすくなります。

そういったことを考えると、人生でも仕事でも迷いながらでも前に進んでいくためには目標をしっかりと持つことがとても大切ではないかと思います。

目標をしっかりと持って、迷いながらでも前に進んでいきましょう。