スローリーディングの意味・方法・効果とは|主人公の体験を追体験していくことが大事

こんにちは、ラボです。

 

調べ物をしていると、「スローリーディング」という言葉をみかけました。

 

スローリーディングって言葉は聞いたことはありますが、実際に「どんな意味があるのか」また「どんな方法なのか」はなんとなくしか分かりません。

 

そこで、スローリーディングの意味・方法・効果を調べてみました

スローリーディングの意味・方法・効果

スローリーディングという言葉を調べてみると、スローリーディングには次の意味があることが分かりました。

 

スローリーディングとは

  • 一冊の本を時間をかけてゆっくりと読み説いていくこと。

 

スローリーディングはある本の要点だけを読むような「速読」の反対で、一冊の本を時間をかけて読み解いていく意味があったのですね。

 

ところで、一冊の本を時間をかけてゆっくりと読み解いていくスローリーディングが注目されるようになったのは、

 

灘高校の元国語教師をされていた橋本武さんが授業でスローリーディングを実践されていたことがきっかけになっているようです。

 

橋本武さんのスローリーディングの方法

橋本武さんのスローリーディングの方法を調べてみると、橋本武さん独自のスローリーディングの方法が分かってきました。

 

橋本武さんは、スローリーディングは次のような読書法であると言われています。

スローリーディングは、その人の世界により深く入り込み、自分の世界にまで結び付けていく読書法です。
引用:伝説の灘校国語教師の「学問の勧め」より

 

橋本武さんのスローリーディングの方法を具体的に言えば、例えば、

  • 主人公が食べたお菓子を食べてみる…
  • 主人公が凧揚げをしたら凧揚げをしてみる…
  • 主人公がカルタとしていたらカルタをしてみる…

 

と、このように物語の主人公が行っていることを追体験しながら本を読んでいくことが、スローリーディングの方法なのだそうです。

 

また、作品中で疑問に思ったことを徹底的に調べることもスローリーディングの方法ではとても大事とされていました。

 

例えば、

  • 主人公の言葉使いが分からなかったら調べる…
    ※方言など
  • 干支の意味が分からなかったら調べる…
  • 物語に登場する季節の行事の意味を調べる…

 

このように、文中で分からないことがあったら調べる…、

 

橋本武さんは「文中で分からないことがあったら調べる」ことを「横道にそれる」と言われていました。

 

そして、「横道にこそが学びの宝庫であり人生の幅を広げてくれるもの」ともいわれていました。

 

橋本武さんのスローリーディングの方法とご紹介してきましたが、

橋本武さんの考えるスローリーディングは、「物語の主人公の体験をより深く追体験すること」だったのですね。

 

スローリーディングの効果

物語の主人公の体験を追体験して自分の世界にまで結び付けていくスローリーディングにはどのような効果があるのでしょうか?

 

この点について橋本武さんは次のように考えられていました。

「急いで読み進めても読んだ人の心には何も残りません。ゆくっりと味わいつくし、調べつくす。そうやって読書が自分の体験になると一生の財産になります。」

「本当に役立つことは、じっくりと時間をかけて学ぶことが必要です。それが一生の宝になるのです。」
引用:伝説の灘校国語教師の「学問の勧め」より

 

橋本武さんはスローリーディングの本当の目的(効果)を、

  • 本当に役になるものを得ること
  • 自分の一生の財産を得ること

だと考えられていることが分かりました。

 

まとめ

橋本武さんによって注目されるようになったスローリーディング。

 

スローリーディングには、「本当に自分の役に立つ一生の財産を得ることができる効果」があることが分かりました。

 

スローリーディングでは、多くの本を読む必要はないのでしょう。

 

それよりも、自分が本当に気に入った本をゆっくりと味わいながら何度も何度も読むことが大事であるのでしょうね

 

江戸時代の話をすると、江戸時代は現代に比べて極端に書物がすくなく、また、子供が読む本は小学・大学・中庸・論語くらいに限られていたように思います。

 

ですので、江戸時代の子供は小学・大学・中庸・論語を何度も何度も時間をかけてゆっくりと読み進めていったのではないかと思います。

 

このような江戸時代の子供の読書環境もスローリーディングといえるのではないかと思いました。

 

江戸時代末期、外国人が日本人をみて「なんて素晴らしい国民なんだ…」と驚いたという話は良く聞きますが、

 

外国人が日本人の礼儀正しさをみて驚いた背景には、

江戸時代の人はスローリーディングで小学・大学・中庸・論語を自分のものにできていたからではないかと思いました。

 

そういったことを考えると、スローリーディングってとても大事な読書法なのだなと思いました。