ことわざ「出る杭は打たれる」の本当の意味とは|2つの続きもあり

こんにちは、ラボです。

 

「出る杭は打たれる」という言葉を聞いたことがありますか?

ラボはたまに「出る杭は打たれる」という言葉を聞きます。

 

ところで、「出る杭は打たれる」という言葉には、どんな意味があるのでしょうか?

また、「出る杭は打たれる」という言葉の続きはあるのでしょうか?

そこで、「出る杭は打たれる」という言葉についていろいろと調べてみました

 

≪先にまとめ≫

『出る杭は打たれる』の意味 『出る杭は打たれる』の続き① 『出る杭は打たれる』の続き②
目立つと邪魔をされる 出過ぎた杭は打たれない 出過ぎると引き抜かれる

 

「出る杭は打たれる」の意味と活用法|ことわざ

「出る杭は打たれる」という言葉は、昔から伝わっていることわざです。

そこでまずは、辞書で「出る杭は打たれる」という諺(ことわざ)の意味を調べてみました。

 

出る杭くいは打たれる
〔「出る釘(くぎ)は打たれる」とも〕
① 頭角を現す者はとかく他の人から憎まれ邪魔をされる。
② よけいなことをする者は他から制裁を受ける。
引用:https://www.weblio.jp/content/出る杭は打たれる

 

三省堂の辞書によると、

「出る杭は打たれる」には2つの意味があることが分かりました。

「出る杭は打たれる」の2つの意味を要約すると、

「目立つと邪魔をされる」ということになるのかなと思います。

 

「出る杭は打たれる」の2つの続きとは

「出る杭は打たれる」という言葉のことを調べていると、

「出る杭は打たれる」という言葉には、いろいろな続きがあることが分かりました。

そこで、「出る杭は打たれる」という言葉のいろいろとある続きから、2つ程ご紹介していきたいと思います。

 

≪「出る杭は打たれる」の続き≫

  1. 出過ぎた杭は打たれない
  2. 出過ぎると引き抜かれる

 

「出る杭は打たれる…」だけど「出過ぎた杭は打たれない」

「出る杭は打たれるけど、出過ぎた杭は打たれない…。」

この言葉は、松下幸之助さんがいわれた言葉といわれてます。

松下幸之助さんは松下電機工業(現パナソニック)の創業者の方で、一代で世界的企業を作り上げられた方として有名ですね。

 

松下幸之助さんがどのような意味で、

「出る杭は打たれるけど、出過ぎた杭は打たれない」

といわれたのかは分かりません。

ご自身の経験から見つけられた言葉なのかなとも思いますし、

また、色々な人の人生を見てきて、実感された言葉なのかなとも思いました。

 

ただ、『出る杭は必ず叩かれるものだから、成功したければ叩かれながらも出過ぎる杭になる努力をしなさい』

ということを松下幸之助さんは言われているのかなと思いました。

 

↓松下幸之助さんが考える『運とは何か』の記事はこちら

運とは何か?運とは運ぶもの|目に見えない自分を運ぶものを「運気」という

 

「出る杭は打たれる…」だけど「出過ぎるとひき抜かれる」

「出る杭は打たれるけど、出過ぎると引き抜かれる。」

 

この言葉は、先ほどの

「出る杭は打たれるけど、出過ぎた杭は打たれない」

という言葉と似たところがありますが、少し違う部分もありますね。

 

「杭が出過ぎて引き抜かれる」ことが良いことなのか悪いことなのか、実際には分かりません。

しかし、現状から飛び出したいときには、誰かに引っこ抜いてもらえるくらいまで目立たないといけないのかなと思いました。

ちなみに、この言葉は誰が言い始めたのかはよく分かりませんでした。

 

まとめ

「出る杭は打たれる」という言葉についていろいろと考えてきました。

 

「出る杭は打たれる」という言葉の意味には、

「目立つと邪魔をされる」という意味があることが分かりました。

また、「出る杭は打たれる」という言葉の続きもあることがわかりました。

 

「出る杭は打たれる…」だけど、

  • 出過ぎた杭は打たれない
  • 出過ぎると引き抜かれる

 

人は自分の意志にかかわらず、「出過ぎた杭」になって叩かれることもあると思います。

もし、そのときに叩かれたくなかったならば、

「出過ぎた部分を引っ込める」か、または反対に、

「突き抜けるまで出過ぎる」という2つの道しかないのかも知れませんね。