こだわりを捨てる4つの方法とは|こだわりの捨て方が分からないとお悩みの方へ

あなたにはこだわりがありますか?

基本的に、人間には、

「捨てられるこだわりがあれば、捨てられないこだわりもある」

と思います。

この記事では、「捨てられないこだわりもある」を念頭に置きながら、こだわりを捨てる方法や捨て方をまとめています。

 

どうやったらこだわりを捨てることができるの|こだわりを捨てる方法

小さなこだわりは捨てられるけど、大きなこだわりは捨てられない…

多くの人が捨てられないと悩んでいるこだわりは「大きなこだわり」でしょう。

では大きなこだわりの捨て方とは?

「大きなこだわりは捨てられないので諦める」

大きなこだわりは捨てられないので、こだわりは無くならないと諦めるしかないと思います。

「諦めは一種の悟り」といわれていますので、「こだわりは捨てられない」とあきらめることによって、心が軽くなると思いますよ。

 

小さなこだわりの捨て方|捨てる方法

大きなこだわりは捨てられないけど、小さなこだわりは捨てられることもあります。

小さなこだわりの捨て方をみていきましょう。

≪小さなこだわりを捨てる方法≫

  1. 自分のもっているこだわりを自覚する
  2. こだわりを持ち続ける理由を考える
  3. いろいろなことを経験する
  4. 徹底的にこだわる

 

こだわりを捨てる方法① 自分の持っているこだわりを自覚する

こだわりを捨てるには「自分の持っているこだわりを自覚する」ことが大事。

何かを捨てるためには、いま自分が持っているものを自覚していないと捨てられませんね。

ですので、こだわりを捨てるためには、まずは「自分の持っているこだわりを自覚することがとても大切になります。

 

こだわりを捨てる方法② こだわりを持ち続ける理由を考える

こだわりを捨てるには、「こだわりを持っている理由を考えること」が大事。

確かに、こだわりが捨てられないということは、心のどこかで「こだわりを持ち続けたい」と思っているからだと思います

ですので、こだわりを捨てるためには、まずは「こだわりを持ち続ける理由」をよく考えることが大事になります。

 

こだわりを捨てる方法③ いろいろなことを経験する

こだわりを捨てるには、「いろいろなことを経験する」ことも大事。

こだわりとは『一種の偏見のようなもの』。

もちろん、こだわりはその人にとって、とても大事なことであるからこだわるのでしょう。

ですが、やはり

  • 人生経験が少ないためにこだわる
  • 世間知らずのためにこだわる

のような、自分の知識経験不足からこだわりが起こることもあります。

人生を生きていれば、「自分が正しいと思っていたことが実は違っていた」ということを何度も経験していませんか?

自分の思い込みや無知が原因によって…。

ですので、思い込みや無知による「こだわり」を捨てるためには「いろいろなことを経験すること」も必要になります。

 

こだわりを捨てる方法④ 徹底的にこだわる

こだわりを捨てるには「徹底的にこだわる」ことも、ときには大切です。

こだわりは一種の執着になります。

ということは、その執着をとことん味わいつくせば、

あるとき「こんなものか…」と思えるときが来るのではないかと思います。

例えば、自分の好きな食べ物があれば、毎日そればっかり食べる。

すると、いつかは飽きて「もう食べなくて良いや」と思うようになる。

こだわりも食べ物のようなもので、毎日徹底的にこだわりにこだわれば、

あるとき「何してるんだろう…?」と思うときが来るのではないかとおもいます。

そして、徹底的にこだわってもこだわりがなくならないときには、

そのこだわりは、その人にとって本当に大切な「こだわり」なのでしょうね。

 

まとめ

こだわりを捨てる方法について、いろいろと説明してきました。

  • 捨てられるこだわりと捨てられないこだわりがある。
  • 捨てられないこだわりは捨てることを諦める
  • 小さなこだわりは捨てる努力をしてみる

このようなことが、こだわりの捨て方、こだわりの捨てる方法ではないかと思います。

 

≪小さなこだわりを捨てる方法≫

  1. 自分のもっているこだわりを自覚する
  2. こだわりを持ち続ける理由を考える
  3. いろいろなことを経験する
  4. 徹底的にこだわる

 

こだわりは捨てられないから「こだわり」なのでしょう。

ただ、大体のことには方法があると思いますので、こだわりにも捨てる方法あります。

こだわりの捨てる方法がわからないときは、この記事のこだわりの捨て方を参考にしてみてください。