こだわりを捨てる4つの方法とは|こだわりの捨て方が分からないとお悩みの方へ

こんにちは、ラボです。

 

あなたにはこだわりがありますか?

ラボには結構こだわりがあるようで、そのためにいろいろと「生きにくさ」を感じています。

 

そこで、どうやったらこだわりを捨てることができるのかを調べてみました

どうやったらこだわりを捨てることができるの|こだわりを捨てる方法

インターネットで「こだわりを捨てる方法」を調べてみると、色々な方法が見つかりました。

 

いろいろな「こだわりを捨てる方法」の中から、ラボが気になった方法をピックアップしてみました。

 

≪気になる「こだわりを捨てる方法」≫

  1. 自分のもっているこだわりを自覚する
  2. こだわりを持ち続ける理由を考える
  3. いろいろなことを経験する
  4. 徹底的にこだわる

 

こだわりを捨てる方法① 自分の持っているこだわりを自覚する

こだわりを捨てるには「自分の持っているこだわりを自覚する」ことが大事とあります。

 

何かを捨てるためには、いま自分が持っているものを自覚していないと捨てられません。

 

なので、こだわりを捨てるためには、まずは「自分の持っているこだわりを自覚することがとても大切であることが分かりました。

 

こだわりを捨てる方法② こだわりを持ち続ける理由を考える

こだわりを捨てるには、「こだわりを持っている理由を考えること」が大事とあります。

 

確かに、こだわりが捨てられないということは、心のどこかで「こだわりを持ち続けたい」と思っているからだと思います

 

なので、こだわりを捨てるためには、まずは「こだわりを持ち続ける理由」をよく考えることが大事であると思いました。

 

こだわりを捨てる方法③ いろいろなことを経験する

こだわりを捨てるには、「いろいろなことを経験する」ことも大事であるとありました。

 

こだわりとは『一種の偏見のようなもの』かも知れないと思うことがあります。

もちろん、こだわりはその人にとってとても大事なことであるからこだわるのでしょう。

 

ですが、やはり「人生経験が少ないためにこだわること・世間知らずのためにこだわること」もあると思います。

 

そして、人生を生きていれば、「自分が正しいと思っていたことが実は違っていた」ということも何度かあるはずです…。

 

そう、自分の思い込みや無知が原因によって…。

 

ので、思い込みや無知による「こだわり」を捨てるためには「いろいろなことを経験すること」も必要なのでしょうね。

 

こだわりを捨てる方法④ 徹底的にこだわる

こだわりを捨てるには「徹底的にこだわる」ことも大切とありました。

 

こだわりは一種の執着といえるのかも知れません…。

 

ということは、その執着をとことん味わいつくせば、

あるとき「こんなものか…」と思えるときが来るのではないかと思います。

 

例えば、自分の好きな食べ物があれば、毎日そればっかり食べる。

すると、いつかは飽きて「もう食べなくて良いや」と思うようになる。

 

こだわりも食べ物のようなもので、毎日徹底的にこだわりにこだわれば、

あるとき「何してるんだろう…?」と思うときが来るのではないかと思いました

 

そして、徹底的にこだわってもこだわりがなくならないときには、

そのこだわりは、言葉はおかしいかも知れませんがその人にとって本当に大切な「こだわり」であるのかなとも思いました。

 

まとめ

こだわりを捨てる方法について、いろいろと考えてきました。

そして、ラボが気になる「こだわりを捨てる方法」には4つの方法があることが分かりました。

 

≪気になる「こだわりを捨てる方法」≫

  1. 自分のもっているこだわりを自覚する
  2. こだわりを持ち続ける理由を考える
  3. いろいろなことを経験する
  4. 徹底的にこだわる

 

こだわりって捨てられないから「こだわり」というのかなとも思います。

ただ、大体のことには方法があると思いますので、こだわりにも捨てる方法があるのかなと思います。

 

そして、ラボにとっていまのところ、「こだわりを捨てる方法」はこの記事でお話しした4つの方法ではないかと思いました

 

とりあえずラボは「4つのこだわりを捨てる方法」を実施していって、いまあるこだわりを少しずつ捨てて行きたいと思います。